めざまし学習帳カテゴリの記事一覧

電卓・・・

めざまし学習帳
ユニークな機能付き電卓の話題でした。
「脳を鍛える計算ドリル」機能付き、パソコンのテンキーになるものなど、様々な電卓が発売されていますね。
最近では、携帯電話に電卓の機能も含めて多彩な機能が吸収されてしまったため、このような多機能電卓を発売し、人気を回復しようとしているそうです。

めざまし学習帳

竜巻発生のメカニズムについて。
北海道で竜巻による大きな被害がありました。積乱雲と、上空と地上の大きな温度差が竜巻の素となる上昇気流を生み出すんだとか。ただ、生み出された大きな上昇気流がどうして"竜巻"の形になるのかは、まだ解明されていないそうです。現象が解析され、予測できる日が早く来ればいいですね。

--------------------------------------------------------------------

竜巻 - Wikipedia

竜巻 (たつまき, tornado) は気象現象の一つで、積乱雲に伴って地上から雲まで延びる、上昇気流を伴う高速の渦巻き。発達したものが地上に発生すると、建物などに甚大な被害をもたらす。

水平スケールは大規模なものでも数100mであるが、その中心部では局所的に100m/sを越えることもある猛烈な風が吹き、1ヶ所に停滞するものもあるが、多くは移動しながら途中の建物や人間に被害を与える。その移動速度は様々で、まれに時速100キロに及ぶこともある。
竜巻は、台風や温帯低気圧に比べてはるかに小規模であるため、気象観測施設上を通過する確率がほとんどなく、中心の気圧を実測した例はないが、わずかな観測例から、中規模のもので950ヘクトパスカル程度と考えられる。(なおF4規模のトルネードのNational Geographic TVの観測チームによる実測結果から850hPaという数値が発表されている。)
雲底からゾウの鼻状に垂れ下がる漏斗雲を伴うことが知られるが、これは竜巻に巻き込まれた空気中の水蒸気が急激な気圧低下により凝結して生じる。従って、空気が乾燥していたり竜巻が弱い場合は漏斗雲を伴わないことも珍しくないうえ、夜間や豪雨中に発生した場合は漏斗雲を確認できないことも多い。
学校の運動場や荒地などに発生するつむじ風がまれにテントや椅子を巻き上げるほど大規模なものに発達することがあるが、それは塵旋風と言って竜巻とは別物である。塵旋風は熱せられた地上の空気が渦を巻いて上昇するだけの現象だが、竜巻は小規模であっても積乱雲から発生する。
竜巻の発生過程は、まだ明確には解明されていないが、回転する積乱雲(親雲という)から生じることがわかっている。日本では台風の接近に伴って竜巻が多発することが多い。通常は親雲から1個の竜巻が発生するだけであるが、時には最初の竜巻が消滅した後に第2第3の竜巻が続けて出来ることもある。特にアメリカ大陸ではこうした連続発生がしばしば見られ、6個連続発生したこともある。
アメリカ合衆国では、年間1000個前後の竜巻が発生し、50人程度が亡くなっている。他にオーストラリア、ヨーロッパ、インド、日本など温帯地方を中心に発生数が多い。温帯での発生が多いのは、暖気と寒気の衝突が多いため急速に発達する低気圧が多いこと、他の気候帯と比べ地上と上空の気温差が大きいこと、海と陸が入り組んだ地形が多いため海陸風や局地風が吹きやすく、大気が不安定になりやすいことなどが考えられている。
童話『たつまきの夜』が、1980年6月3日にネブラスカ州グランド・アイランド市を襲った大型竜巻の実被害を元に書かれたものとして有名。

藤田哲也・シカゴ大学名誉教授が1971年に提唱したFujita-Pearson Tornado Scale(通称F-Scale、藤田スケールとも)が、竜巻の規模を表す数値として用いられている。

実用で使われるF-ScaleF0〜F5までの6階級で、それぞれの段階で被害状況からおおよその最大風速が推定できるようになっている。なおF6以上の竜巻は従来は地球上では発生し得ないとされていたが規模の定義はしてあり、近年には非公式ながらF6級竜巻の発生報告が若干なされている。ちなみに最高階級F12の風速はマッハ1(=音速、およそ343m/s)となっている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。