クリスマスローズ

元気のミナもと
お花の日の紹介はクリスマスローズでした。

今日はお花の日ということで、クリスマスローズを用意いたしました。
ヨーロッパではポインセチアと並んでクリスマスを代表するお花。
「冬の貴婦人」とも呼ばれているクリスマスローズ。

これ、ローズという名前が付いているのでバラの仲間かな?と思いきや、実は、キンポウゲ科の植物なんです。

クリスマスの時期にバラのような咲かせることから、このクリスマスローズという名前が付いたそうなんです。

そして今回紹介するのは、クリスマスローズのディープエンジェルという品種なんですね。

大輪で豪華なバラ咲きが魅力の上品なお花なんですけれども、
高島アナ「ほんと、品がありますよねぇ。」

ちなみに通常クリスマスローズとして知られているのは、1月から3月に咲くんですけれども、このディープエンジェルはちゃんとこのクリスマスの時期に咲いてくれると言うことなんです。

しかもですね、冬から春にかけて長期間楽しめるということで
丈夫で手入れもさほどしなくても大丈夫ということなんです。

今回はこのフジテレビフラワーネットとフラワーネット加盟店から、
まだ苗の、ディープエンジェルをプレゼント。
まだ苗なんですが、これから大きくなってクリスマス頃にはいっぱい。

クリスマスに向けていっぱい愛をたっぷり注いで育ててくださーい。
ジャズシンガーのmegさんが歌うクリスマスローズのCDも10名様にセットにしてプレゼントいたします。

押尾コータローさん作曲で、ぜひみなさんクリスマスムードを高めてください。

占いの1位は、さそり座でした。


◆クリスマスローズのすべて NHK趣味の園芸

冬なのに春野菜?

元気のミナもと
冬なのに春野菜?

「♪はーるがきーた、はーるがきーた、」
いきなり歌い出す、中野アナ。

寒いんですけど、ここにだけ見た目が春らしいものを用意しました。

見た目は菜の花?に見えるかもしれないんですが、芯のところを食べると
アスパラ風味に似ていることから「アスパラ菜」という名が付いた野菜だそうです。

ここ数年で出回るようになったそうで、このアスパラ菜を使って

「アスパラ菜ときのこの和風パスタ!」
「アスパラと卵のサラダ」

アスパラ菜はオータムポエムと呼ばれていて、秋から冬にかけて出回る野菜で、こういう風にお花がついているのは珍しいそうです。

アスパラよりも癖がなくて甘みがあるということです。ちなみに、アスパラと菜の花から作られたのではなく、紅菜苔と菜心という中国のお野菜の交配されたものなんだそうです。

占いの1位はいて座でした。
タグ:アスパラ菜

ピザの日

元気のミナもと
ピザの日。

11月20日は、ピザの日だそうで、イタリアの代表的なピザ「ピッツァ・マルゲリータ」
の名前のもとになったイタリアの王妃マルゲリータの誕生日というこだそうです。

ピッツァ・マルゲリータが用意されました。

バジルが乗っています。緑のバジルと白のモッツアレラチーズと赤のトマト。
この3色でイタリアの国旗がモチーフになっているということなんです。

大塚さん「ピザの基本ですね。」

愛ちゃん「おーいひー。バジルが効いてます。おいしい。」

今回ちょっとバジルに注目しました。

バジルはですね。古代ギリシャで王家の薬草といわれているんです。
古くからその効能が知られているんですが、カロテンが多いので抗酸化作用が強く免疫力を高めてくれます。また殺菌、抗菌作用もあるということで今、風邪を引いている方。咳止めや鼻通りを良くしてくれる効果もあるということなんです。

紅茶に一緒にいれて蒸らす時に生の葉っぱを数枚いれてバジルティーを作ることもできるということなので、ぜひあとで(風邪ぎみの)軽部さんに飲んでいただきたいと思います。



タグ:バジル

冬の女王様、シクラメン

元気のミナもと
金曜日なのでお花の日。

冬の女王様、シクラメン。

高島アナ「ほーっっほっほ(女王様笑い)」(ある意味女王様かな)

濃いピンクの縁取りが人気のシクラメンということで、新品種のヴェスタ
という種類なんですね。

ジャパンフラワーセレクションで入賞した作品なんだそうです。

特徴は病気に強く丈夫、鑑賞期間が長いということなので、クリスマスも
楽しめるかもしれません。そして育て方。
   
 室内。日当たりが良くて風通しがいい所。

 水やりは葉っぱにかからないようにうまく葉っぱをよけて、」
たっぷりめに水をやってください。そして咲き終わった花は
こまめに取り除いてください。

そして今回はこのヴェスタを、フジテレビフラワーネットと
フラワーネット加盟店から10名様にプレゼントいたしまーす。


年末年始の贈答品としても人気があるということなんです。
ちなみに 花言葉は はにかみでした。


ラ・フランス

元気のミナもと
洋ナシのラ・フランスの紹介。

ラ・フランスはフランス生まれの山形育ちということで、(ええ・・?)
生産量日本一の山形から、産地直送です。

高島アナがこそっと「おフランス(笑)うふふ。」と言ってるのを聞いて
言うと思った・・

そのおいしさは、くだものの女王様といわれているということで、

高島アナ「やわらかーくて、香りがイイ。」
皆藤愛ちゃん「おいしー。上品な味です。」

食べごろがいつかって見極めるのが大変なんだそうで、やっぱり食べごろを
食べるのが一番のポイントということで
見極めるポイント。

ラ・フランスの食べごろなんですが、常温で保存して追熟させる。
10日以上かかることもあります。そして香りが強くなってやわらかくなると
食べごろなんですが、肩の部分が、押して柔らかいなと思った頃が
食べごろということなので、香りと固さで見極めてください。
とのことでした。

高島アナ「お肉との相性もバッチリです。」

豪華な赤いバラ

元気のミナもと
お花の日。バラの紹介。
豪華な赤いバラ。

(お天気の)紅葉に負けじと、こちらも真っ赤に色づいています。
と中野アナが紹介してました。

赤いバラなんですが、四品種あるんです。

あるだけで存在感が違いますから。

今回はこの四品種の中から、気に入ったバラをプレゼントすると言う事でした。

「レッド・ラナンキュラス」
ラナンキュラスのように花びらがいっぱいあるゴージャスなバラです。

「レッド・スター」
明るめの赤で大輪でこの花びらの先がツンツンと尖っているのが特徴。

「ルビーレッド」
少し紫がかった赤で、光沢感がある大人な感じ。丸みもあってかわいらしい

「カンツォーネ」
まさに赤バラの王様。カンツォーネ。
大塚さん「これ王道行ってますよ、ホントに。」

ここで音楽が・・・
トライプレインさんが歌う、フジテレビフラワーネットイメージソングだそうです。

そして、このCD、モノローグのCDをこの赤バラの花束とセットでフジテレビフラワーネットとフラワーネット加盟店から10名様にプレゼントいうことでした。

葉とらずリンゴ

元気のミナもと
テーマはリンゴでした。

お天気に続いては、元気のミナもとぉ
今日、11月15、ゑぁ、11月5日ですね、今日はまだね。
(なぜ間違えるぅ 中野美奈子さん・・・爆)

11月5日は青森県が制定した「いいリンゴの日」ということなんだそうです。

「りん」はどこ行っちゃったの?と大塚さんにツッこまれて
その辺はちょっとはしょって・・・なんですが、(はしょるんか〜い)

以前、「理由ありリンゴ」というのを紹介してましたが、
今日は「葉とらずリンゴ」の紹介でした。

そのまま葉とらずリンゴ食べてみてると、「酸味がしっかりあって、甘みもあって。」
と高島アナの感想。

この葉とらずリンゴを使っての「アップルパイ」も。

この葉とらずリンゴなんですが、その名の通り葉っぱを取らずに栽培したリンゴということです。

普通リンゴは、いい色を出すために葉っぱを取って育てるんですが、
この葉とらずリンゴは、葉っぱに太陽をいっぱい当てることで光合成が行われます。
そしてこの葉っぱの中でデンプンが作られて、このデンプンがリンゴの中に入っていって、
ソルビトールという糖に変わるので、より甘みが増すそうです。
(おいしそう でした)

占いの1位は、やぎ座でした。

ユーフォルビア 白雪姫

元気のミナもと
金曜日はお花の日。ユーフォルビアの紹介でした。

ユーフォルビアはクリスマスを彩るポインセチアの仲間だということなんですね。
そして「白雪姫」という品種、名前が付いているんですね。
全体が雪で覆われているように白い愛らしい姿を白雪姫に重ねてつけたということだそうです。

高島アナ「控え目な美しさがありますよね。」

ユーフォルビアは、白く見える部分が葉っぱが変形した苞(ほう)と呼ばれる部分で・
大塚さん、高島アナ「ほぉー。」
中野さん「絶対言うと思いました。」

真ん中のちっちゃいところにお花があるということなんです。

この白雪姫を育てるポイント。

まず、カーテン越しの日当たりの良い窓際に置く。
風に弱いので、強風には当たらないようにする。
そしてお水は土が乾いたらたっぷりやってくださーい。

今回、この白雪姫の鉢をフジテレビフラワーネットとフラワーネット加盟店から10名様にプレゼントいたします。

ここで小芝居が・・・

中野アナ「リンゴはいかがぁ。」
皆藤愛ちゃん「はい。パクリ!」「アアー!!」
(白雪姫という設定なのか?分かりにくい・・・)

占いの1位はしし座でした。

坊ちゃんカボチャ

元気のミナもと

ハロウィーンなのでお天気から仮装して登場でした。
プチコスプレ。

毎年恒例、ミナもとのコーナーで仮装してますが、ちょっと仮装すると人格変わりますからね。
(毎年、年賀状用に仮装して写真を撮るふたり)

大塚さんは仮面をつけて登場「ブラックアミーゴだぁ(ウッシッシ)」

テーマはカボチャでしたが、「坊ちゃんカボチャ」というセレブなカボチャ?を紹介。

坊ちゃんカボチャをくりぬいて、蓋を開けると・・・・
中には、カボチャとトマトのハローウィンミネストローネ。が入ってました。

カボチャ、ニンジン、ブロッコリーなどの不足しがちな緑黄色野菜なんですが、
ミネストローネは、イタリア語で「具だくさん」という意味もあるそうなんで・・

(愛ちゃんの蓋が落ちるハプニングも)

このようにスープにすることで溶け出したビタミンCも、うまく吸収することができるんですけども、効率よくとれますね。

一日に必要な野菜の量は350gなんですが、そのうち緑黄色野菜は120g。なんだとか。

みなさんいろんな野菜をスープにして食べてみてくださーい。

たまごかけごはんの日

元気のミナもと
地養卵でたまごがけごはん。うまそぉ・・

今日はコケコッコー!ということで、
みんなでレッツ、たまごかけごはーん!!(パチパチパチ)

高島アナ「大好きー!」

三色の地養卵が用意されてました。

大塚さんには白玉。愛ちゃんには淡いピンクの「さくら」地養卵。
そして高島彩アナには赤玉。

卵をシャカシャカいい感じでかき混ぜる高島アナ。

実は今日は「たまごかけごはんの日」と言う事で、二年前の今日、島根県雲南市で、
「第一回日本たまごかけごはんシンポジウム」が開催されたということで、今日がたまごかけごはんの日になったということだそうです。

高島アナがごはんにかけます。「ふわー。あー。おいしそー。」
(うまそぉ〜)

皆藤愛ちゃんは相変わらずガッツリごはん食べてます。。
(ガッツリ・・・菅野一勢か・・・意味不)

この地養卵なんですが、コチラ。甘みが強い。そしてコクがあって、生臭さが少ないということで生で食べるのに適しているということなんです。

さらに、温泉たまごのサラダも作ってみました。

毎日二個ぐらい健康なひとなら食べても大丈夫ということで、ぜひみなさん、たまご召し上がってみてください。

占いの1位は、かに座でした。

東佃(とうつく)の日

元気のミナもと
愛ちゃんおかえり、四人そろいました。

10月29日は東佃(とうつく)の日だそうです。

「何?東佃って?」と大塚さん。

東京都佃煮惣菜工業共同組合が制定した、佃煮をPRする日。

高島アナ「よくいえましたー(パチパチ)」
(噛まずに言えただけなのに、みんなで拍手。)

中野アナ「三回ぐらい練習しましたー。」

とう(10)つく(29)ということで
10月29日に決まったんだそうなんですね。

その佃煮。いろいろ作ってみました。」

彩さんには「ピーマンとジャコの佃煮」
そして愛ちゃんには、大好きな「牛肉とショウガとネギの佃煮」
そして大塚さんには、ノリだけに「ノリの佃煮」を作ってみました。

それぞれ好きなものを食べてください。お茶漬けセットも用意してあるので。

すると一度にしゃべりだす高島アナと大塚さん。
中野アナ「それぞれにしゃべっていただけませんか(笑)」

その横で皆藤愛子さんはごはんをガッツリ食べています。
「ごはんが進みます。」

今度はみんな食べ始めたので沈黙が・・・

大塚さん「それぞれに黙らないように。誰かがしゃべってるようにね。」
(さすがベテラン 本番中にダメ出し。)

まず、愛ちゃんの食べているものを作ろうとする場合ですね、
牛肉とショウガを炒めます。お砂糖、しょうゆ、みりん、おし、お酒を加えて、
ネギを加えて煮詰めるんですが、ここがポイント。

焦がさないように弱火でじっくり、コトコト煮込んでください。

ということでぜひ皆さん食べてみてください。

占いの1位は ふたご座でした。
・・・びゅーてぃふぉー


アザレア

元気のミナもと お花の日。

アザレアを紹介していました。、
このアザレアは日本や中国のツツジをヨーロッパで品種改良したもので別名、西洋ツツジとも言われているそうです。

「柔らかーい感じがしてとっても上品な感じがしますよね。いいですねこの花は。」
大塚さんの花のコメント。

白に見えるんですが実は淡いピンク色になっているのがステラマリス、という品種で、ロマンスパールは上品なピンク色になっていて名前も可愛らしいんですね。

このアザレアなんですが、暑さに弱くて、寒さに強いというのが特徴で、夏は半日陰、冬は日当たりのいい室内に置いておく。そして水は土の表面が少し乾きだしたらやる。
やりすぎたら根腐れをおこしてしまうので注意してください。とのことです。

大塚さん「水遣りって意外に難しいんですよね。」

ころあいを見て。そして、咲き終わった花はきれいに摘み取ってくださーい。
と言った中野アナに大塚さん
「ま、ま、まだ大丈夫?摘み取られないかな?だいじょうぶ?」

高島アナ「まだ?わたし達のことですか?」

中野アナ「まだ、だいじょうぶです。」
高島アナ「まだ、咲き・・・ううーん・・・しおれてきてます。」
(しおれてきてますって・・・・)

今回は、このアザレアの鉢をプレゼントでした。

高島アナ「咲き誇ってます。はぁーい。」(自分の事)
中野アナ「ちなみに花言葉『青春の喜び』っていう。」
「まだまだいけますよ。」

占いの1位は おうし座でした。

タグ:アザレア

ビックリ・・・栗

元気のミナもと
栗。秋の味覚です。

今週は皆藤愛子さんは湾岸スタジオからなので、大塚さんと3人で。

二種類の栗を紹介してました。
熊本産とおっきい「びっクリ」な丹波栗。

大塚さんが「丹波栗、有名ですね。」

栗のブランドとしても有名。ちょっと希少なものということで
やりくりして持ってきました。と、中野アナ。

大塚「それが言いたかったわけね(笑)」

熊本の栗と丹波栗と、大きさが全然違います。

熊本の栗を使って「ジックリ炊いた 栗ご飯」
栗ごはんを食べた大塚さん、
「もち米だね、もち米がおいしい。」
(栗の感想は?)

栗は天然のサプリメントなんですね。
ビタミンもたっぷり、ミネラルもたっぷり。
ビタミンB1,B2,C。ビタミンCはナッツ類ではダントツなんです。

そしてミネラルもカリウム、亜鉛、マグネシウムなどが入っているということで
ストレスをためてる方は食べるとストレスが減ると言われているので。

みなさん、栗を召し上がってみてください。


したことない・・・

元気のミナもと
皆藤愛子さんが湾岸スタジオに行ってるので、T.N.O で。

今日は大塚さんと一緒にお送りしてまいります。

紹介した食材は、サツマイモ。高島アナが
「自然薯のような・・・色」

鹿児島産の小金千貫というコガネイモだそうです。

テレビでは、ジャガイモの色に見えますね。

芋焼酎の原料としても有名なサツマイモ。
まずはそのまま焼き芋で。
普通のサツマイモよりもデンプンの量が多いのが特徴だそうです。

そんなお芋を使って
「サツマイモ、ホカホカホワイトシチュー」

アレが出やすくなるという話で、サツマイモのデンプンが原因ということで、
ごはんなどよりも頑丈で消化しにくいので腸内でガスが発生しやすくなると
いうことなんです。

中野アナ「ぷぅーっと、気になりますけれども(笑)」

大塚さんは「いや、中野さんや高島さんは出さない。」
と言うと、高島アナ
「うん、出したことないねっ」

中野アナも「ないないないない」

皮を一緒に食べることで消化酵素「ヤラピン」が消化を促してくれるので、
おならもだいじょうぶっ!

高島アナ「したことないよね。」
中野アナ「ないない。」

(まだ 言ってますね)
タグ:小金千貫

ミルフル

元気のミナもと
お花の日。

金曜日はお花の日ということで今日はミルフルー。可愛らしいお花を用意しました。

大塚さんは「おいしそうな名前ですね。ミルフィーユなんか思い出します。」

このミルフルなんですがスミレ科、パンジーの仲間ということで
パンジーよりもちょっと小さめ。
今年の秋にデビューしたばかりという。まだ皆さんの目にそんなに触れてない。

このミルフルの特徴は、華やかなフリルがいっぱいで、
花びらがまん丸で綺麗にフリルが重なってます。

そして、花の色がいろいろと、とってもカラフルです。
単色ってのはあんまりないですよね、黄色でも少しグラディエーションがあったり。

今日は、このミルフルの花束をプレゼントいたしまーす。
(花束が間に合わなかったみたいで、フレームアウトしそうなアヤパンでした。)
タグ:ミルフル

エネルギッシュな野菜アスパラ

元気のミナもと
エネルギッシュな野菜、オーストラリア産アスパラガス。

今日はコチラ アスパラさん。
といきなり間違える中野アナ。オーストラリア産と云いたかったのでしょう。

大塚さん「ねぇー、いきなりアスパラに”さん”つけて・・・びっくりしちゃったね」

「アスパラカツ」
アスパラのカツレツ
「アスパラ温泉たまごー。」
アスパラの野菜炒めに温泉タマゴが乗ってます。


ここで、アスパラクイズ。

アスパラの美味しさを保つには、
・Aたてで保存する。・Bよこで保存する。
どっちでしょうかぁ?
正解は・・・たてなんです。」

そして二問目

アスパラを入れるのはどっち。
・A冷蔵庫、0度に近い方。・B野菜室、10度位。

答えはA

アスパラはかなりエネルギッシュな野菜なんですね。
収穫した後も成長するということで、横にすると穂先を起こすために、ここですべての旨みを使ってしまうんです。

なので旨みが逃げてしまうということで、たてで冷たいところで保存するのがいいということなんです。

占いの1位は、おひつじ座でした

熊本産の大長ナ〜〜ス

元気のミナもと
長ーいナスの紹介。

今日は凄いんです、コチラの長ーいナスなんですが、といきなりの
愛ちゃんの顔と比べでした。
キュウリのような長さのナスです。

「電話みたいでしょ!」
(むりやり感が。。)

熊本産の大長ナス。
長さを計る中野アナと皆藤愛ちゃん。

「野球のバットにもなりそうだし・・・チャンバラになりそうだし・・・
すりこぎにもできるよこれ。」
大塚さんナスでボケ?

すりこぎはさすがにできないです。

長いものだと40cmから50cmにもなるということなんです。
大長ナスを使っての料理は
「ロングナス、チーズピザ。お食べナース。」
「長いナ〜〜スの揚げびたし。」

高島アナ「長い、ほんっとに長いですよ。」
「大きいからといって決して味が大味なわけではないんです。」

ナスは風邪を引きやすいということで、冷やしすぎてはダメ!
ラップして野菜室で、10度前後で保存がいいそうです。


キノコの日

元気のミナもと
シイタケ狩り。

大塚さんが手袋をはめて準備しています。

行楽の秋ということで、今日はなんと、大塚さんがキノコ狩りをしてくれてます。

大塚さん「メス、鉗子、そうじゃない。」
(お医者さんコントのようなボケを・・)
「面白いよ、やってごらん。」

高島アナ「わたしもやってみよっ。」

10月15日はキノコの日ということだそうです。
10月はキノコシーズンで、その真ん中をとってキノコの日ということでなんですが、みなさん!

キノコの日の説明をする中野アナですが、キノコ狩りに夢中で誰も聞いてません。


実は、それ、そのまま食べられるんです。生で!
普通の売ってるものは生では食べられないんですが、こちらシイタケの観光農園のある千葉県の佐倉きのこ園のオリジナルのシイタケで、その名も「長生きシイタケ」。

地下50mの天然水のみで無農薬で栽培されているので、そのまま生でも召し上がる事ができるということなんですね。

大塚「いけますね、生で。初めて食べた、シイタケ生で。」

シイタケ焼きとそのシイタケが入ったソーセージも焼けてます。

そしてこのシイタケなんですが、シイタケにはキノコキトサンが入っていて
・内蔵脂肪 燃焼・町内の脂肪吸収を抑制・体内にはいってきた脂肪を包み込むので脂肪のとりすぎを抑制するのでダイエットにもいいということです。

占いの1位は いて座でした。

ピンクノーム

元気のミナもと
金曜日はお花の日。

お天気のコーナーが終わる前に、中野美奈子アナが映ってしまいました。
(スイッチング・ミス?)

今日は美しいバラ。一重咲きのバラに囲まれてお伝えしたいと思います。

ガーデンローズのピンクノームという種類なんですけども、ノームというのは精霊という意味で、まさに精霊のようなお花です。

このピンクノームは新品種コンテスト、2007年ジャパンフラワーセレクション鉢部門で入賞したお花です。

「よーく見てみるとひとつひとつこの淡ーいピンクだったり、けっこう濃い目のピンクだったりしてグラディエーションが見られますね。」と高島アナ。

このピンクノームの特徴なんですが、コンパクトでかわいいお花を次々につけてくれます。そして四季咲き、年に数回咲くんですね。そして暑さ寒さ、病気にも強いんです。
そして何よりも手入れが簡単という。

大塚さん「ずぼらにはもってこいですねぇ。」

バラはもともとデリケートといわれているんですけれども、このピンクノームは育てやすいというこです。

大塚さん「いやー、この精霊の花で都市をいっぱいにすると精霊指定都市なんて・・」












(突っ込めない 空気が)

大塚さん「福原さんみたいになっちゃった(笑)」

お庭にもいいですけどもコンパクトなので、ベランダなんかにもいいかもしれません。

理由ありリンゴ

元気のミナもと
10月11日はリンゴの歌の日。

「♪あーかーいーりんごーにー、」
いきなり歌いだす中野アナ。
「くちびーるよーせーてー、ちゃんちゃん。」
「なんでこんな古い歌知ってるの?」
すかさず突っ込む 大塚さん。

10月11日はウインクの日でもあるんですが、リンゴの歌の日でもあるんです。
戦後初めて公開された、映画「そよ風」の挿入歌「リンゴの歌」が大ヒット。

大塚「並木路子さんでしたっけ?」

答えられない中野&高嶋アナ

今日はこのリンゴ、つがるりんごを使って
「すりおろしリンゴたっぷり、リンゴカレー」
「リンゴとヨーグルトのフルーツサラダ」

高島「みんなでカレーを手に持ってます。」

「今日はリンゴスターの誕生日かと思ったら、そうじゃないね。誰も聞いてくれないや。」と小声で話す大塚さん。

カレーの味は
「ほんと、カレーにふさわしくない甘みなんだけど、ちゃんとカレーなんだね。」

実はこのリンゴ。ちょっとワケありなんです。
これ、台風やヒョウなどで少し傷ついてしまったことから、理由ありリンゴとして売られているんですけれども、もちろん、栄養も味も変わらず、値段だけがリーズナブルになっているということで、理由ありリンゴも召し上がってみてくださーい。

(傷がついてストレスを感じた野菜や果物は糖分が増すそうですよね。)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。