きょうのわんこカテゴリの記事一覧

北の大地、

ロビンちゃん メス 8才
(キャバリア・キングチャールズ・スパニエル)

暖冬と言われている今年の冬も雪に覆われている北の大地、北海道。
連日降り続く雪の中、北国ならではの冬のひとときを楽しむわんこ達に会いに行きました。

眼下に石狩湾を臨む小高い丘の上に建つ一軒家。
ここで暮らしている「カレン」と「ロビン」という2匹のわんこ。

「ロビン」は普段は「カレン」と一緒にのんびりと暮らして
いますが、雪が降るこの季節になるとロビンは変ぼうします。

それは、ご主人が家の前の雪かきを終えてからやってくれる
限定のあることをする時…
「ロビン」は雪の斜面を駆け降り、遊び道具を探しに行くのが
大好きなんですね。

急斜面の下は雪下ろしをした雪を集めておく場所。
およそ60度もあるこの斜面は冬の間「ロビン」専用の
ゲレンデもになって、誰にも邪魔されることなく思いっきり
走れる場所なんですね。
しばらくすると「ロビン」の体には玉になった雪が…。
でも、今年は暖冬で例年ほどではないので何時間でも遊んで
いられるんです。
今年の冬も元気一杯の「ロビン」なのでした。

もう一匹は テツくん オス 10才( 雑種)

こちらは流氷が流れ着くオホーツク海に程近い北海道・佐呂間町。
この民宿の隣にある家で暮らしている一匹のわんこ。
それが「テツ」です。
「テツ」のご主人は民宿を経営するご夫婦。
前のご主人のあとを引き継いで、この民宿を切り盛りすることに
なったのはテツが5才の時でした。

旦那さん「先代のオーナーも20年というきりで辞めるつもり
だったらしいので、じゃあ、ここをどうだっていう話でここを
譲って頂いて、『コハル』という『テツ』の母親がいたんです
けれども、2匹も良かったら面倒を見てやってくれって
言われて」
奥さん「一週間くらいはもとの飼い主を探していたりとか、
かなり不安感な感じだったんですけれども、一ヶ月ぐらいで
慣れてくれて」

一面が凍結したサロマ湖。周囲およそ87キロの、凍った
サロマ湖の上をお客さんたちと一緒に歩くのが「テツ」お気に入りの冬限定の散歩コース。
 
「テツ」はご主人と一緒にスノーモービルに乗って凍った湖をドライブ。
遅い春が訪れるまでは一面の銀世界を満喫する「テツ」でした。

きょうのわんこ スペシャル

きょうのわんこスペシャルに登場したミニチュアダックス。
ご主人が パラグライダーのインストラクターをされていて、
生徒さんが少ない冬場に一緒にフライトしてから、空を飛ぶのが
大好きになった?とのことでした。

とても可愛い わんこを見ると、今年6月に死んじゃったうちの
ゴールデン・レトリーバを思い出します。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。